若狭氷ノ山ゲレンデ~氷ノ山~氷ノ越コース難登山で下山!

2019年2月26日(

暖かい日が続き、山は雪解けが進んでいる。

もう1度登って、スノーシュー片づけたかった。


雪ある山は?氷ノ山は雪あるよね!




今回は周遊コース試みる事で、

前夜、若桜氷ノ山近くの道の駅車泊。


朝、一番乗りでスノーピア駐車場着いた。(平日無料)

登山届済ませ、歩いて登ろうとすると、

斜面が急で、危ないのでリフト使用してください!と言われ、

8時リフト開始待ち、2カ所乗り継いで最上部へ着く。
(一人片道¥250-×2=¥500-)
画像


スノーシュー支度して登山開始。

いきなり自然林の急登りです。
画像


トレース多いが、気温低くて雪の固りが岩のように硬い!

スキー場が-2度だったので、それ以上に冷えてガチガチ!

しかしスノーシューはグリップ良く歩きやすい!


林をジグザグ抜けて、少し見晴らしいい尾根に着く。

雲の流れが激しく、やっと見えた尾根が樹氷です!
画像


さらに進むと、山が開け足元ギリギリ、ヤセ尾根通過。

左斜面絶壁で緊張します。
画像


昔もここ登ったが、ここまでが激登りしんどかったな~!

段々景色が変わり、開けた大地に出た。
画像


右に伸びる尾根は、R29ヤマメ茶屋林道コースです。

地形図地点はP1398m、三の丸表示あるが、
一般に呼ぶ三の丸はまだ先ですね。

面白いブナの木。
画像


広い大地を進むにつれ、樹氷に代わり素晴らしい景色!
画像


風強く寒いが、エビのシッポがとてもきれい!
画像


三の丸の東屋と赤い屋根の避難小屋が見えてきた!

画像


三の丸到着、1464m~(^^♪

地形図地点は二の丸ですが、
宍粟の人は昔から三の丸と呼び、登山者も同じく呼ぶ。


画像


こうちゃんはおなじみもみじ饅頭、miyoは抹茶ようかんで休憩。

今から進むコースと氷ノ山山頂が小さく見える。
画像


もう少しのガンバリで、バイオトイレと山頂が見えてきた!
画像


氷ノ山山頂到着~1510m。

画像


避難小屋周りだけ雪が解けている。

小屋でもうすぐ11時ですが早めの昼食。

じわ~っと、足元冷えるので、

ビール缶の手作りアルコールストーブで暖を取る。
画像


手作りアルコールストーブの作り方はこちらご覧ください!
https://07466031.at.webry.info/201011/article_3.html

北に樹氷と鉢伏スキー場が見える。
画像


南に登山口のスノーピア若桜氷ノ山スキー場見える。
画像


前回登った赤谷山見えますが、雲かかってて見えにくい。

山頂の雪の上をアゲハ幼虫が進んでいる。なぜこんなとこに??
画像


食事休憩済ませ、氷ノ山越えコースへ向かう。

途中から見た三の丸の尾根。
画像


今から突入するヤセ尾根ルート、手前とんがりがコシキ岩。
画像


最初の難所。

コシキ岩の北急斜面を岩をまくように通過するが、

一足の細いトレースでスノーシューでは歩きにくく、

バランス崩すと滑落危険性あり緊張した。

コシキ岩通過後振り返って。。
画像


長いヤセ尾根の雪庇横通過、強風だったら恐怖!

今日は風なくてラッキーでした!

雪庇尾根と氷ノ山山頂を振り返って見る。
画像


山頂から見た氷ノ山越えコースはきれいに見えたが、

見るのと歩くのは大違い!緊張の連続です!


この先も、気を引き締めて進みましょう!

仙谷コース分岐の看板。

画像


何度かアップダウン繰り返し広い峠に出た。


画像



下にスノーピアスキー場見える。P1278m地点。
画像


更に大きく登り、やっと氷ノ山越避難小屋見える。
画像


氷ノ山越避難小屋の横に縦穴式かまくらが出来ていた。
画像


ボ~っと歩いてたら落とし穴~!

分岐を南のキャンプ場へ下る。
画像


がぁ!ここから戦いのはじまり! 

いきなり転げ落ちそうな激下り!


沢山のツボ足や滑った後あり、苦戦の足跡。

昼から気温上がって最悪の雪質。


足場一足置く度に20センチは滑り危ない!

グリップも効かず滑り落ちそうになる。


谷斜面を横切る様な細いトレース。

カメラ出す事できず、自分のバランス取るのに精一杯です。



ジグザグに何とかクリアするも、

行く先このようなルートが長く続いた!


休憩時に見た動物の足跡!熊?
画像


この先も沢山足跡あり、多分、大型の犬連れた登山者だったのかも。。

人も犬もツボ足!スノーシューも時々ズボッ!と沈む。

1か所谷を渡るのに雪から川に降りる。



急斜面の大きなツボ足の穴に足取られ、

1回転宙に舞い、早く滑り下ってしまったこうちゃん! 

眼鏡も外れず、ケガもなく良かったな~!
 
滑って、転んで、こんな雪もう秋田県 ! 




急斜面を横ぎり歩きが多いルート。

スノーシュー外しツボ足歩きがバランス崩れなくて、

ラッセルだが、安全だったのかもしれない!



地面の暖かさ?なのか、ツボ足の雪下が空洞になっている。

すごくストレス溜まる歩きで疲れました!


キャンプ場から柔らかい雪の広場をツボ足気味に歩く。

やっと、闘い終えた感じ~!



「響の森」の駐車場に着いた。

駐車場に居た人の話では、ここから氷ノ山越えルート登った人が、

余りにも危険で、途中引き返し帰ったとの事。



ここでスノーシュー外して車道をてくてく歩き、

スキー場駐車場到着。



今回の登山距離、周遊で約9キロ、

登り2時間半、下りキャンプ場まで3時間かかった。



下山届出して、氷ノ山越えルートの情報報告する。

管理事務所の方々はコシキ岩が危ない事だけしか、

氷ノ山越えは把握してなかった様です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




今回の雪山登山については、

氷ノ山行くことで、雪山登山情報を事前に知りたくて、

事務所に聞いたのですが、

スキー場から氷ノ山までの情報しかなく、

キャンプ場から登った人は登山届を出さな人多く、

氷ノ山越えルート情報が無いとの事。

ネット見ても、この時期の報告が無い!


春の雪は足元悪く、大変危険を及ぼすので、

軽い気持ちでこのコース訪れたら。。と想像すると、

少しの情報でも。。との思いで、長いレポとなりました。



私達が経験して感じた事を

事務所にその旨を伝えて帰った。 





行きはよいよい、帰りはこわい!の一日でした!
あぁ~無事生きててよかった~(大げさ?)




今回、長々とお付合いして頂き、

最後まで有難うございました!
  




"若狭氷ノ山ゲレンデ~氷ノ山~氷ノ越コース難登山で下山!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント